上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.22 おくりびと
-
こっちに来てよく、仏教って人がなくなった場合その後どうなるの???

って聞かれることがある。


正直いうて。

?????


でも、この宗教の信仰の違いが、大切な人がなくなったときにすごく実感する。

うまく説明できないのと、宗教上のことなので、誤解を招くといかんから書きませんが

宗教ってほんとすんごい力持ってるなぁって思う今日この頃。


で、


パソコンのデーター整理をしていてみつけた映画、

「おくりびと」

納棺師なんて仕事があったんやぁって思いながら。

もし。大切な人がなくなったら、

最後の最後はこんな風に個人を尊重して丁寧に扱ってほしいなと思った。

とても感動したんやけど、

今回映画をみて気付いたのは。


日本映画なんてみるもんやない。

拷問や。

今の私にはただの拷問やった。


そりゃ、映画の内容はすごいねんで

でもな、

日本食に飢えてる私からしたら、

映画の節々に出てくる日本食が、日本食が・・・・・


鶏鍋やろ、キュウリの浅漬けやろ、味噌汁に、白子の網焼き。

あ????思い出しただけで唾があふれ出てきた。

あ??????????????食べたい。


あ??????????^映画なんか見るんじゃなかった。


いまはきっとどないすんごいいい、日本映画みたって、


絶対、内容に集中するんでなくて食べ物に集中してまうんやろうなぁ。


「おくりびと」

日本に帰って日本食たらふく食べてからもう一回見よ。


あ?つけもんのたいたんが食べたい!!!!


おかあさぁ????ん。



IMG_0093.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekobasu3.blog66.fc2.com/tb.php/47-cdb33daa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。