上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.04 美意識
-
こういうことは、異文化というのか、
それとも、嗜好の違いというのか、
いや、美意識の違いか。。。。
なんともおもしろいもの。

アフリカではお尻の大きい人が魅力があるという。
中国では、女性は腋毛をそらない。
タイの一部の部族では首の長い女性が魅力的になる。
ボリビアでは、丸々と太った女性が魅力的らしい。


ほな、パラグアイでは?


パラグアイでも、お尻と胸がプリンってしてる人が魅力があるってよく言う。
せやし、テレビにでてるモデルさんは120%シリコン入り、胸も、お尻も・・・・

そのほかにも、パラグアイにきて女性の特徴で気づいたこと。

髪の毛は長いほうがいい。
つめは綺麗にする。
アイラインは欠かせない。
どんなに化粧をしてても、口紅を塗ってなかったらいけてない。
頭に大きい花をつける。
ヒールは高く。
パンツは、Tバックに近いものを使用する、(日本女性が基本的に使用するノーマルなパンツはおばあちゃんが使用するものになる)
あそこの毛は全部剃る。
どんなに太ってても露出度が高い。

とまあ、いろんな美に対するこだわりがあるのですが、

で、足。

前々から、日本人は綺麗な足をもってるねぇ?っていわれてた。

前任者の人も綺麗な足してたよって。

で、あんたも綺麗な足してるんやから、ショール(いわゆるホットパンツですな。。)はかなあかんってね。
もったいないよってね。

そない褒めてもらえると、やっぱり悪い気はしないわけで、
かといってショールをはくつもりはないけど、
ちょいと自分に自信がもてちゃったりしちゃったりして・・・。



せやけど、ここに大きな落とし穴があった。




異文化。


嗜好の違い。


思考の違い。


いや、


『美』に関する徹底的な感覚の違いやな。


「美意識」の相違ですな。


そう、



こっちでいう足が綺麗というのは、肉付きがいいってことやって先日気づいてしまった。




『grueso(太い)』な感じが、とっても魅力的らしい。

逆に日本で言う、足首が細くって、肉のついていないすらっとした足は

魅力がなく、あまりキレイやないんやて。


ほんまかいなぁ。



近くに住んでる女の子で、藤原紀香みたいな足を持ってる子がいる。

で、聞いてみた。

「じゃああの子の足はパラグアイではどないなん?」

「ん???あれは、肉つきが悪いからなぁ?もと肉つけんと魅力的でないなぁ」

やって!!!!!

あない綺麗な足してて、あれアカンのや!!!!


日本でいうたらモデル並みに綺麗やで!!



ちょっっちょっ
っちょっとまって・・・・




????




今までの話の流れを整理してみよう!!!

『足が綺麗』=『肉がついてて太い』

ってことやんなぁ?

ってことは・・・・


私の足が綺麗やっていっつもほめてくれてるけど、


それって・・・・・・





『私の足が綺麗』=『私の足は、肉つきがよくて太い』ってことやん!!!!!






はぁ、


こない美意識の違いがあるとは。。。。


褒められて、むやみやたらに喜ぶもんではないですな。。。。


ぬかよろこびした後に落とされることほどしんどいもんないからなぁ。


せやろ?


せや



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekobasu3.blog66.fc2.com/tb.php/34-fe5c115b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。