上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
エキスポ。。。e?po

いつまでたってもパラグアイ人に通じない私のXの発音。

?:えっくすぅ???!じゃないんです(同年代なら、きっと腕をクロスさして叫ぶでしょう)
?:えきす。なんです。「え」にアクセントがついて。。。

酸素:Oxigeno...
これも全く通じないはるしか。。。

とにかく通じない私の?の発音・・・・


と、前置きが長くなりましたが。
もうすぐ帰国する同じ滋賀県出身のJackyが活動しているSapucaiのエキスポにおじゃましてきた。
Sapucaiには昔パラグアイに電車がはしっていたころの鉄工所や、イギリス人が住んでいた当時の家、駅、電車、たくさんの文化遺産がある。
また南米で初めてかけられた橋も、実はSapucaiにあり、
ひっそりとしているが、とても歴史のある町である

この町を観光地にしようと、Sapucaiの人と一緒になって町の活性化に力を注ぐjacky。
そんな彼女はほんとうに光り輝いてるなぁともいながら、
いつも、私もがんばらな!!って思わせてくれるのです。

さてさて、うちのクリスティーナも若いころに使用していたという電車。
クリスティーナいわく、駅はとても栄えていたみたいで
駅にはたくさんの売り子や、人がいてとても賑やかだったとのこと。
話を聞くとその時の状況が頭のなかにカラーとなって見えるのはクリスティーナの力???

とても不思議な魅力を感じながらSapucaiのエキスポに参加した。
鉄工所の中にテントが立てられ、ステージが容易されていた。
Sapucaiでとれるはちみつやヨーグルト、野菜も販売されており、とてもいい雰囲気やった。
また。昔の写真も飾られており、当時の様子と重ねて鉄工所内をみることができるとすごく不思議な気分になった。

では、あとは恒例の写真でどうぞ。


R0016601.jpg


R0016599.jpg



私の県のmacielというところにあった駅。ここをクリスティーナも利用していた。
R0016596.jpg



そして現在。
R0016569.jpg



鉄工所内。
R0016605.jpg




R0016685.jpg


こんな使い方結構いけてるやないですか。
R0016613.jpg


Jacky とMarta
martaがsapucaiの歴史ついての本を書いた。最後の何ページかは、jackyが執筆。かっこいい。
R0016630.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。