上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.26 赤壁の戦い
-
Feliz Navidad!!

みなさん、どうも、真夏のクリスマスを初めて迎えた三十路前のハルシカです。

クリスマスといえば、やっぱ真冬のイメージが抜けきれず
なんとも気分的に乗り切れんかった。

まあ、日本でも、
寒い寒いといいながら、町がクリスマスのイルミネーションに染まっていくのを、仕事の行き帰り寒いなか自転車にのりながら、横目でながめて・・・
「あ?さむ、クリスマスか・・・って今年も一人やん!!!心がもっと寒いやん!!!
クリスマスなんて・・・クリスマスなんて・・・・」

って思いながら。自転車を全力で漕ぎ、さらに冷たい凍るような風を全身、いや特に鼻と耳に感じてたわけです。



でも、今年は・・・・
暑い!
「あ・あつい。。。。。あづぃ??あづぃ??」といいながら、
停電の多いこの国で、なんでみんななんも考えんとこないイルミネーションしてるねん!
なんでサンタさん真冬の格好やねん!なんでそこなんも考えへんねん!
って思いながら、
「って今年も、心はやっぱ寒いやん!」って思ったクリスマス・・・・


そう、こっちのクリスマスも日本のようにイルミネーションばんばんするわけですが、
電気が安定してないし、いつ停電になるかドキドキしっぱなしやった。
各家には、キリストが誕生した時の様子を表した置物が飾られ、
24日の夕方から、日本でいう年越しのように、12時になるのを待って12時になったら、
おめでとういうて、恒例のアサード(まあ焼き肉ですな)を食べるわけです。


日本で、
「おかあさん。私にしん嫌いやし、ニシン抜きの蕎麦にして。」っていってたころが懐かしい。


今年は・・・
「おかあちゃん。こんな夜中に肉食べたら胃がもたれるし、肉抜きにして・・・・」


なんていうたら、食べるもんあらへんやんけぇ???!!!!



で、がっつりいただきましたよ。お肉さん。

しかしながら、最近暑さのせいでめっきり食欲が落ちていっているせっしゃです。
そんなせっしゃの救世主はスイカ様なわけですが、
スイカをせっしゃが買ってくるたびに女中さんに、

「ハルシカのスイカが食べたぁ?い!」って言われるわけです。

別にあげるのは嫌ではないのですが、
「おいおい・・・・あんたらよぉ?2人でスイカ一玉食べてまうやん。そしたら、せっしゃのスイカあらへんやんけぇ??」ってなるわけです。
そう、こっちの人はスイカを半分にきって、スプーンでほじくって食べるというなんとも贅沢極まりない食べ方をするんやけど、、
食べる量もはんぱない。
いくらスイカ好きのせっしゃといえども、スイカは水分かなりあるし、日本でいう1/4切れでもかなりしんどいのに、こっちの人はぺろっと半分食べてまう。
せやし、食べたいって言われるたんびに、自分の持ち分がなくなるのをひしひしと実感するわけです。

しかも前、ちょっと残ってたスイカを食べていい?って聞かれて「ええよ」っていうたら、
残ってたのが思ってたのより少なかったのかなんなのか、
せっしゃのスイカ食べずに自分らでおっきい新しいスイカ買ってきてたよね。

なんやねん!!!

買えるんなら、新しいの食べたいんなら最初っから聞くなや!!!って感じですよ。

せっしゃの貴重なスイカを進呈したにもかかわらず、せっしゃのスイカがそんな扱いをされ、かなり腹がたったわけです。

なんせか、せっしゃのスイカ好きは相当ですから。

死ぬまでに何食べたい?なにが一番好き?ってきかれて答えるのは・・・


もちろん!!





「つけもんのたいたん。」




っあ間違えた!

「スイカ」

せやし、スイカに関する恨みはしつこいでぇ?。

とまあ、スイカごときでイライラしている最近のせしゃです。

きっと自分へのご褒美が足りんのや。とおもって、

大事にとっておいた

「レッドクリフpart2」みちゃったよぉ?


う?ん。やっぱpart1のほうがおもしろかったなぁ。


せやろ?


せや。



っあやばい。

つけもんのたいたん食べたくなってきてもた・・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。