上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.10 帰国
-
とうとう、帰国の日が決まった。

JICAからメールを見た瞬間、

なんでか、心臓がどっかいってまうくらい脈打った。


焦りか?

不安か?

さみしさか?

なんや?

なんやよーわからんかったけど、

パラグアイでの生活もあと残り少しということは間違いなくなった。

さて、残りの期間、
この計画性のない私ですが、活動も、遊びも、マックスで楽しみたいと思います。


スポンサーサイト
2011.01.05
-
どうも、お久しぶりです。

日本では昨日31歳をとうとうむかえてしまい、

そして、今日、とうとうパラグアイにおいても31歳を迎えてしまったのであります。

実はいろいろあって、仕事を早く切り上げ大急ぎでクリスティーナの家へ。

覚えてますか?クリスティーナ。
私のもっとも愛する人です。


R0019025.jpg

息子さんがクリスティーナと住むためにアルゼンチンから帰ってきて、
で、とうとう50年以上住み込みで働いた今私の住む家をでていってしまった。

仕事や私生活で何かあったとき、クリスティーナの顔をみて彼女の作るご飯を食べれば
すぐに元気になれた。

だから、今日も迷わずクリスティーナのもとへ直行。
クリスティーナといなアカン!!!そう思った。

いつものように多くを聞かずに、私の話を聞いてくれた、
クリスティーナの胸で号泣し、彼女の作った最高においしいご飯を食べ、またいつものように元気になれた。


パラグアイでの生活も残すところ少しとなった。


人と接することが苦手な私。
何かと他人との間に壁をつくってしまって、それを乗り越えたり、崩したりするのがすごく苦手。
仲良くなりすぎてそれがくずれてまうのが怖いのかもしれん。
良くわからんけど、
でも、ここにきて本当にたくさんの人が、
こんな私でも、大切に思ってくれていて、
パラグアイ人だけでなく、パラグアイで出会った多くの人や、
日本の友達、駒ケ根で知り合ったたくさんの同士。
ほんとうにたくさんの人に支えてもらって愛されてるなと感じることができました。


みんなに心から感謝です。

ほんとにありがとう。
2010.12.20 牛の頭。
-
パラグアイにいる間に、どーーーーーーーーしても食べてみたかった一品。

牛の頭。

みんなに、うまいぞうまいぞ。といわれ、牛がさばかれると一番に持っていかれるという代物。


今回、ありがたいことに、いただけることになった。


美味美味。


R0018536.jpg


ほんまの牛タン!!!!
R0018532.jpg


ん??最高でした。
R0018534.jpg


このほかに、パラグアイで試したいものは、アルマジロとカルピンチョ。

残り3カ月でお目にかかれるかなぁ。。。。


2010.12.10 視力回復
-
なんでか急に思い出した昔話。

私は目が悪い。
小学校6年のときにはもうメガネをつけてた。
目が悪くなった原因は全体に、豆電球一つのトイレで、「りぼん」を読んでたからやと思う。
お父さんがいっつもトイレに新聞持って行って読んでたのを真似したのと、
なんでかトイレで読む「りぼん」はめっちゃおもろかった。
あとは、姉妹みんな目が悪いし、遺伝かなぁ。

で、眼科に通い始めたころは「仮性近視ですよ」って言われて治療に通ってたけど、
結局良くならず。。。
ってか、まじめに通わへんかったから。結局治らず、まじめに通えばよかったと後悔。

メガネ生活が始まった。
いなかやさかい、メガネ使ってる子なんて珍しくって、
中学のころよく馬鹿にされたなぁ。
せやし、どうしても視力回復したくって・・・

そんな時新聞の広告に。
「視力回復できます!!!!できなかったら全額返金!!!」ってな奴をみつけた。
隣町に業者がきて売りに来ているというもの。
広告はカラーやったけど、なんての、
今思えば、よくある
「このブレスレットをつけたら金運アップ!」みたいな、広告とおんなじレベルやった。
今考えると完全にあやしい業者の金稼ぎやけど、
田舎の中学生がこれがまったくの詐欺であることにも気付かず、
両親に懇願。
田舎の両親も詐欺であることを知ってか、知らずか、
かわいい一人娘のお願いを聞いてくれて購入。
そない安いもんではなかったことを記憶してるけど、
買いに行った時、結構な人がいたのもうっすら記憶に残ってる。
ほんま、今となっては、あんな広告信じる人の気が知れへんけど、
ここに信じてもた人がいるさかいなぁ。
人ってほんま何を信じてまうかなんてむずかしいよなぁ。

で、その機械は
毎晩寝る前に、ピピピピピピってうたい文句の超高音電波を出しながら赤い光を放ってた。
片目15分。



今はコンタクト生活。


いやぁ、でも今考えてもよーお父さんもこうてくれたなぁっておもってさぁ。
どんなお願いの仕方したか覚えてないけど、
親ってほんまありがたいなぁっておもった。


ちなみに、パラグアイで目が悪い人はあんまり見かけへん。
やっぱり医者とか、看護師はメガネしてる率高いけどなぁ。
勉強のしすぎ???いや、ないない。

パラグアイ生活も残り少し。

こうやってふとなんかの拍子に今のこの生活を思い出す時が来るんかなぁっておもって
不思議になった今日この頃。
2010.12.05 スイカ生活。
-
今年も始まったスイカ生活。


話す人がいなくなると、こんなにもブログやmixiの更新が多くなるのかと思いながらも。笑

スイカ生活とは、そう!
3食スイカである。
間食もスイカ。
こうやってブログを書いてる間も、ベットに座り、壁にもたれて
スイカを食べながら書くという、なんとも贅沢でなんとも行儀の悪い話し。



でもおいしんだなこれが。


しかしこのスイカ生活。
とっても幸せに浸れるのだけれども、難点がひとつ。
栄養不足である。
立ちくらみはスイカ生活につきものです。あと、トイレとかなりお友達になれる。ふふふ。


でも、おいしいんだなこれが。

やめられないんだなこれが。

パラグアイでは、みんな半分に切ってそれをスプーンでほじくって食べるというのが主流やが、
そんなことはせん。

スイカは半分にきってそれをまた縦に3等分して食べるのが一番おいしいのです。


昨日なんてスイカ生活のために、雨がやんだ時間を狙ってスイカを購入しに出かける。
普段全く出かけないのに。こういうときは足がかるい。

しかぁ?し帰り際。大雨にあう。
それでも、スイカ生活のためならなんのその。

今はまだ出始めたばかりで値段は高いけど、
日本で言うたら特大Lが300円くらいで買えちゃうんです。
たまらんでしょ?


ってなわけで、

昨日からずぅ????っと24時間以上かけてるitunesの映画がようやくダウンロードできそうなので、
スイカ追加しながら、みたいと思います。


ではでは。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。